内祝いを贈るときのマナーを守って感謝を伝えよう|気になる相場

贈り物

財布に優しい買い物

ウーマン

社会のマナーとして、頂いたギフトのお返しはしっかり相手に贈りましょう。そうすることで双方が気持ちよくなります。子どもが生まれたときに頂く出産祝いを贈るときには、相手がどんなに身近な存在であっても、正式な贈答品であることを示すのし袋を貼り付けることが重要です。のし袋を貼り付ける際には、その贈答品の名前と贈る側となる自分の名前をしっかり記載しておきましょう。生まれた赤ちゃんの写真をのし袋に印刷すると、オリジナル生の高い出産内祝いが完成します。

内祝いを贈る相手の年齢幅が相当広い場合には、相手の好みが完全一致することは難しいものです。スイーツは受けがいいギフトとして知られていますが、高齢者は体調面を考慮して甘いものを断っている可能性があります。その場合、喜ばれるギフトとは言えなくなるでしょう。どんな相手にも喜ばれるギフトを贈る為にもカタログギフトを選んでみましょう。カタログギフトは、日用品からスイーツやグルメなど多種多様な品が掲載されています。それらの中から受け取った側が好きな品を選択して注文できるので、間違いなく一人ひとりが欲しがっている品を贈ることができるでしょう。また、贈る側にとって嬉しいことに、割引されているカタログギフトもあるので、内祝いを贈る際の購入費を大幅にカットできます。割引によってカットされている旨を贈った相手に知られることはないので、とても便利なものです。カタログギフトを購入するときには、そうした割引サービスも比較しながら購入するカタログギフトを選んでみましょう。割引されているカタログギフトの中には最大50%割引されているものも含まれています。